紫粋-shisui-はりきゅうブログ

日常・趣味・本職の鍼灸の話といろいろ書いていきたいと思います。

暑い時期こそ温めよう

f:id:belleza-salud-harioq:20200625165848j:image

施術に使用しているホットパックを新しく作り直しました。

今回は欲張って中身を5種類も使ってしまいました(;´∀`)
f:id:belleza-salud-harioq:20200625165900j:image

今までは玄米を使っていたのですが、今回はあずきにしてみました。

あずきは保温効果が良いというので。
f:id:belleza-salud-harioq:20200625165851j:image

あずき以外の材料をフライパンで炒ります。


f:id:belleza-salud-harioq:20200625165845j:image

粗熱を取ってボウルであずきも加えて混ぜます。
f:id:belleza-salud-harioq:20200625165857j:image

袋を作って、重くなり過ぎない程度に詰めます。

外カバーを作って完成です。

目の上や胸骨に乗せる用に小さめと、

腰やお腹に乗せる用のものを作りました。

 

暑くなってきましたが、汗やエアコン、冷たい飲食で、意外にも暑い時期のほうが身体が冷えていることがあります。

お腹や腰、足も裸足だったり膝下を出していたりで思っている以上に冷えています。

汗は上がり過ぎた体の熱を冷ます働きがありますが、汗を掻いた衣服をそのまま着て過ごしてしまうと冷えの元になります。

 

先日、片付け作業をしていて汗だくになりました。

気になってはいたのですが、そのまま他の作業をしていたところお腹が痛くなり、腹部を素手で触ってみたところビックリするくらいヒエヒエということがありました。

慌てて汗を拭いて着替えをしてお腹を温めました。

油断は禁物ですね。。。

 

暑い時期でも施術でお灸は使います。

お灸をするのももちろんですが、このようなアイテムを使って温めたりもします。

 

今年は熱さが厳しくなるとの予報です。

効き過ぎた冷房、アイスのドカ食い、ビールなどのがぶ飲みは

くれぐれも気を付けてくださいね。

 

今日も読んでくださりありがとうございました(^_-)-☆