紫粋-shisui-はりきゅうブログ

日常・趣味・本職の鍼灸の話といろいろ書いていきたいと思います。

井穴灸を試してみる

風邪症状もだいぶ落ち着いてきたのですが、

どうも咳がとまらない。

仕事中は集中しているので出ることはなかったのですが、

ほっと一息と気を抜くと出てきてしまいます。

 

咳は全身運動をしているのと同じくらい体力を消耗します。

長く続けば身体もしんどくなってしまいます。

 

そういえばと思いだしたのが井穴灸。

井穴は手や足の指先、爪の生え際の横にあります。

井穴は、例えばのどの痛みや熱、急性症状などに使われることが多い施術です。

 

治療院によっては、鍼を使ったり、刺絡といって、少量の出血をさせる方法があります。

お灸は糸状灸といって、糸のように細くひねった艾を井穴にのせてチリっと施灸します。

説明を読んで察しのいいかたはお分かりかと思いますが、刺激がかなり強めです。

はい、瞬間的な痛み、熱さが伴います。

これが効くと言われているんです。

 

で、咳をなんとか落ち着かせたいなと思って、呼吸器系の肺の経絡で親指のところと

f:id:belleza-salud-harioq:20191020220725j:image

胃腸系を整える経絡上の足の人差し指のところ
f:id:belleza-salud-harioq:20191020220727j:image

この2点に糸状灸をしてみました。

熱かったです(;´∀`)

 

でも、咳と共に鼻づまりも少しあったのですが、

鼻詰まりが通りました(笑)

軽い症状のほうへ先に効いた感じになりました。

咳はもうちょっとかかるかな。

今夜はこれで様子を見ることにします。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。